PERSON人を知る

A.Mさん2014年入社/新卒

皆が働きやすい環境が、
お客様の「楽しい」を生む場所になる。

東日本直営店舗営業部
タイトーステーションアリオ蘇我
ストアマネージャー

>H.Sさん|2017年入社/中途

「好きなもの」から「経営」へ

私はゲームやアニメが好きだったので就職活動の際は、主にアミューズメントやゲーム業界を志望していました。また学生時代は接客のアルバイトをしており、人と接することも好きだったので、自分の好きなものが仕事にできると思い、この仕事を選びました。
入社後は店舗での接客、機械メンテナンス、清掃など、店舗運営全般に関わりながら仕事をし、2年目になった時にクレーンゲームのプライズ(景品)担当を任されました。どの景品をどのくらい発注し、どのように配置するか、店舗の客層などを見極めながら戦略的に考えるプライズ担当は、直ぐに売上となって見える仕事なので難しさもありますが、それ以上にやりがいを感じていましたね。接客が好きで、好きなゲームやキャラクターに囲まれて働くことが楽しいと思っていたものが、この頃から一気に「経営」を意識するようになりました。「経営」を意識しだすと自らの成長も実感でき、これまでとは違った仕事の楽しさを感じるようになりました!

一日のスケジュール

H.Sさん|2017年入社/中途

4年目に異動となり、同時にストアマネージャーになることができました。現在の主な一日のスケジュールは以下の通りです。
8:00  出勤:メールチェックなどの事務作業、オープン準備、朝礼などの実施
9:00  店舗オープン:両替機の両替金補充、景品の入荷処理など
12:00 休憩
13:00 中間売上報告、フロアの巡回、夜の営業に向けての準備など
17:00 昼営業の終礼:夜の営業担当へその日にあったこと等を引き継ぐ
18:00 事務作業等を行い退勤
※シフトにより夕方からの出勤の日もあります。またゲーム機の大幅な配置変更や機械の入れ替えなどを、営業終了後の深夜に行うこともあります。

ストアマネージャーだからこそ感じられた感覚

H.Sさん|2017年入社/中途

ストアマネージャーとなり、今は一歩引いた立ち位置から店舗全体を見るようにもしています。それは自分がフロアにいて、お客様とコミュニケーションを取っていたときには気付けなかったことが、ストアマネージャーの立場になって全体を見て初めて気付けたことが多くあったからです。なにかの改善点があったとして、私自身で対応して終わりにするだけではなく、スタッフ一人ひとりの気付きがもっとお店を良くしていくことに繋がると思えるようになりました。この気付きが私にとってストアマネージャーとしての役割を知るきっかけとなっています。
またいくつかの店舗を経験して感じたのが、アルバイトの方を含め活躍しているスタッフがいるからこそ店舗運営が成り立っているということ。だからこそ店舗ごとの特色やそこで働く人の考えをしっかりと聞くことを大切にしています。一緒に働く仲間の意見を尊重することで「もっとこうしたい」という思いも伝えやすくなりますし、お互いに意見を出し合えると思います。スタッフの皆さんが意見を出しやすく、悩み事や困ったことを何でも相談できるような雰囲気を作ることを常に意識しています。

可能性を広げて次のステップへ

毎年、年末に同期で集まる機会があって、そこで今はどんな仕事をしているのか、どんな風に成長していきたいか、など近況報告をしています。同期と会うことで刺激になり、自らの将来を考える良い機会になりますね。
今はまだストアマネージャーになって日も浅いので、まずは色々な経験をしたいと思っています。将来的にはエリアマネージャーの仕事や店舗運営を支える仕事など、チャレンジしたいことがたくさんあるので、自分の可能性をもっともっと広げていきたいです。その為にはここで勉強することがまだまだ多くありますね!

人を知る トップへ

トップへ