PERSON人を知る

T.Kさん2006年入社/新卒

ストアマネージャー(店長)を核とした、
コミュニケーションを取りやすい組織をつくる。

首都圏直営店舗営業部
神奈川第2エリア
エリアマネージャー(課長)

>T.Kさん|2006年入社/新卒

仕事の楽しさ、タイトーの良さ

T.Kさん|2006年入社/新卒

私は子供と関わりたいという思いからタイトーに入社しました。最初に配属された店舗は立地上子供と関わることが少なく、モチベーションが下がっていました。それでも現在までタイトーで働き、エリアマネージャーになることもできたのには理由があります。
1番の理由は接客が楽しく、お客様に「ありがとう」と言われることが嬉しかったということです。お客様が景品をゲットした時に「おめでとうございます!」とお声がけした際に「ありがとう」と喜んでいただけたり、お客様がお店で楽しんでいただけるのを直に見られることは嬉しいですね。
もう1つの理由は、人に恵まれたということです。入社当初のまだ右も左もわからない私のことを、当時のストアマネージャーはしっかりと見てくださり、時には怒られながらも良いことは良い、悪いことは悪いと何度もご指導をいただきました。今でも厚い信頼を置いている上司で、私も後輩に対して同じように一人ひとり向き合って指導していきたいと、目標にするようになりました。

一日のスケジュール

新宿や神奈川など複数店舗でストアマネージャーを経験したのちに、複数店舗を管轄するエリアマネージャーになりました。現在の主な一日のスケジュールは以下の通りです。
9:00  出勤:売上などデータ確認、ストアマネージャーへの確認・指示、景品手配や勤怠管理などの事務作業
12:00 休憩
13:00 管轄店舗の巡回:指示事項の確認、フロアチェック、コミュニケーション
18:00 退勤
エリアマネージャーの会議など、週に1回程度会議があり情報共有や売上についての話し合いを行います。休日は自分で決めています。主に土日に休みを取り、家族との時間を大切にしていますね。

エリアマネージャーとしての役割

T.Kさん|2006年入社/新卒

私はエリアマネージャーとして、仲が良いだけの組織ではなく、仕事上で適切なコミュニケーションを取ることができる組織つくりを意識しています。
年齢や立場を問わず、相手のことを思い対応できるメリハリのある組織にしたいと考え、私自身も出勤したらクルーさん含め全員に声をかけるようにしていますし、管轄店舗の巡回ではクルーさんとface to faceでコミュニケーションを取ることに重きを置いています。
ストアマネージャーの時にコミュニケーションを重ねた結果、クルーさんの仕事に対する意識が変わり売上を達成できたという経験からも、コミュニケーションが大切だと思うようになりましたね。
業務面では、売り上げを伸ばすためには自分がやらずに、いかにストアマネージャーの店舗づくりをしていく助力ができるかということに務めています。
エリアマネージャーが関わりすぎてしまうと、店舗の核であるストアマネージャーがクルーさんからも頼られず機能しなくなってしまう。その点が今自分の中ではジレンマで、試行錯誤しながらやっていますね。過去の経験から、自分が抜けても回る組織をつくる必要性は身に染みています。
ストアマネージャーのやりがいは、自分の意思や根拠があれば好きに店舗づくりができ、自分の店舗を持つことができるということでした。
エリアマネージャーになってからのやりがいは、店舗で働く人を支援し、より良い店舗をつくるということです。エリアマネージャーの立場になると今度はストアマネージャーの意志を聞く立場となり、良いお店をつくるために店舗だけでなく広い視野を持って客観的に話を聞くようになりました。
ただ指導するのではなく、違った視点を相手に気づかせるような行動をするということが自分自身これまでやってこなかったことなので、今エリアマネージャーとしてはそこが楽しいですね。

素直に全力でやる人と一緒に働きたい

何事に対しても全力で取り組み、素直な人に来てほしいです。やりたいことは全力でやり、苦手なことに対してもまずはやってみようと前向きに捉え、辛いことがあったときには人に頼ることもできる。そんな人と一緒に働けたら、チームワークが広がり、チーム一人ひとりの力も強くなっていくと思っています!

人を知る トップへ

トップへ