PERSON人を知る

J.Uさん2008年入社/新卒

機械の知識を活かして、
ゲームに携われる事が最大な魅力。

サービス部

J.Uさん|2008年入社/新卒

私がタイトーを志望した理由

私は大学で機械学科を専攻していて、ゲームが好きという事もあり、機械の知識を活かしてゲームに携われる仕事に非常に魅力を感じていました。就活では様々な分野のメーカーを受けましたが、最終的にはゲームに携われることに一番の魅力を感じ、タイトーに入社しました。

業務を通して着実にスキルアップできる環境

J.Uさん|2008年入社/新卒

最初に配属された設計部では、様々な経験をさせてもらいました。なかでも大変だったのは海外出張です。まだその頃は設計をタイトーで行い、部品の製造及び組立作業は中国の関連会社にお願いする体制だったのですが、初めての出張では英語も中国語もろくに話せないなか、とにかく身振り手振りでコミュニケーションを行っていました。初めの頃は本当に伝わっているのか不安でしたが、やり始めたら何とかなるとわかりました。
いま私は、ゲーム機のメンテナンスと、それに関わる業務全般に取り組んでいます。自社のゲーム機のメンテナンスを行うことはもちろんですが、タイトーでは業務受託という形で他社メーカー様のゲーム機のメンテナンスも行っています。

アミューズメント業界ではメンテナンス部門を持たないメーカー様もいらっしゃるため、他社メーカー様のゲーム機のメンテナンスも請け負っています。また、他社メーカー様のゲーム機の場合、市場で発生した不具合内容を統計し、先方にご報告することや、今後の市場対応の方針をご提案することも重要な業務です。

責任感のある職場でのやりがい

J.Uさん|2008年入社/新卒

この仕事で難しい部分は、過去に例のない不具合症状の原因を特定することです。特に新機種では今までにない機能やハードウェアが盛り込まれていることもあり、不具合が発生した際に過去の対応ノウハウが通用しないことがあります。
そういった状況の中、工学的な推論や実際に検証を重ね、原因を突き止めた時は本当に嬉しいですね。原因が判明した後はすぐに今後の対応方法を策定することも大切な業務です。
とはいえ、新人の皆さんは基本的な工学知識を身につけていれば大丈夫です。深い知識は実務のなかでしっかり学べると思いますよ。

人を知る トップへ

トップへ